Japan Asia Group JAGフィールド株式会社

なりすましメールに関するお詫びと注意喚起

拝啓 平素は格別のご厚情を賜り、御礼申し上げます。

本年9月28日現在、当社、JAGフィールド株式会社を装ったいわゆる「なりすましメール」が不特定多数の方に不正送信されるという事例が複数件、発生していることが確認されております。

メールを受信されました皆様に、多大なご迷惑をお掛けしましたことをお詫び申し上げるとともに、十分にご注意を頂きますようお願い致します。

 

これらのメールは当社社員になりすまして送信された悪質な迷惑メールであり、当社が送信したものではございません。

受信された際は、メール本文のウイルス感染や不正アクセスなどの危険がありますので、添付ファイルの開封やメール本文のURLのクリックを行わず、メールごと削除して頂きますようお願いいたします。

メール送信者のメールドメイン(@以降)が当社ドメインと合致する、当社の社名が表示されている場合であっても「心当たりの無い不審なメール」や「内容が不自然なメール」を受信された場合は、ウィルス感染や不正アクセスなどの危険がありますので、返信や添付ファイルの開封、本文中の URLリンクのクリックなどは行わずに、メールごと削除をお願い致します。

 

また、本件なりすましメール・ウィルスについて、昨年末より政府やIPA(独立行政法人情報処理推進機構)から注意喚起が発せられています。

参考:「Emotet」と呼ばれるウイルスへの感染を狙うメールについて(下記リンクではなく「Emotet」+「IPA」で検索して頂いても同ページが上位に表示されますので、ご参考までに)

https://www.ipa.go.jp/security/announce/20191202.html

 

当社におきましては、社内設置パソコンの定期的なウィルススキャン、不審なメールを受信した場合に開封せず削除するよう社員への注意喚起など、情報セキュリティ対策に十分注意しておりますが、引続き対策を強化して参りますので、ご理解とご協力の程を、よろしくお願い申し上げます。

 

JAGフィールド株式会社