Japan Asia Group JAGフィールド株式会社

弊社がリリースした調査記事が、各種メディアに取り上げられました。

弊社がリリースした「一度建設業界から離れた人が、建設業界に戻ってきた理由とは?」の調査記事が各種メディアに取り上げられました。

※掲載が終了している場合もございますので、ご了承ください。

朝日新聞デジタル&M
https://www.asahi.com/and_M/pressrelease/pre_18032971/

読売新聞オンライン
https://yab.yomiuri.co.jp/adv/feature/release/detail/000000010000048195.html
東洋経済オンライン
http://toyokeizai.net/ud/pressrelease/5f8eaeef77656162130b0000 PRESIDENT Online
https://president.jp/ud/pressrelease/5f8eb91777656122b75e0000
産経ニュース
https://www.sankei.com/economy/news/201020/prl2010200656-n1.html

※記事元(PR TIMES)はこちらになりますので、ぜひご覧ください。
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000010.000048195.html

【これからの建設業界に期待することは?】7割以上の方が建設業界は景気を牽引する仕事と回答!その理由は?

当社は、建設業界で3年以上働いている方を対象に、これからの建設業界に関する調査を実施しました。

 

◆建設業界は景気を牽引する?景気を刺激すると思われる策を聞きました!

 

「建設業界は景気を牽引する仕事だと思いますか?」と質問したところ、7割以上の方が『はい(73.9%)』と回答しました。

 

多くの方は建設業界は景気を牽引する仕事だと感じているようです。

では、具体的にどのような仕事が景気の刺激策となりうると考えているのでしょう。詳しく聞いてみました。

 

■建設業界で働く私が考える景気の刺激策

・複合施設やランドマークを建設する(30代/男性/東京都)

・高速道路のリニューアルで行き来を増やす(30代/女性/宮城県)

・老朽化したインフラの整備(40代/男性/愛知県)

・地方の公共事業増による活性化(50代/男性/鳥取県)

・老朽化した建物・橋などの建て替え(50代/男性/愛媛県)

 

などの回答が寄せられました。

 

インフラの整備(再整備)や公共事業が景気の刺激策となりうるといった考えがあるようです。

 

◆建設業界で今後最も力をいれるべきインフラ整備(再整備)は◯◯と判明!欠かせない人材は…?

 

先程の調査で、建設業界で働く方が考える景気の刺激策が明らかになりました。

その中でも、インフラの整備(再整備)は景気を刺激する上で非常に重要であることが考えられます。

 

では、建設業界がこれから最も力をいれてくべきインフラの整備(再整備)とは何が挙げられるのでしょうか?

「建設業界で最も力をいれていくべきインフラ整備(再整備含む)を教えてください」と質問したところ、『老朽化した東京の下水道の整備(30.7%)』と回答した方が最も多く、次いで『リニア中央新幹線の開通工事(21.5%)』『首都高速の再整備(20.5%)』『大阪万博によるインフラ整備(10.9%)』『東京メトロによる銀座線全駅リニューアル計画(3.4%)』と続きました。

 

水道や交通など生活する上で欠かすことのできないインフラの整備に、力を入れてくべきであると考えているようです。

 

インフラの整備をしていく上で、そこに携わる人々の存在は必要不可欠です。

では、インフラの整備には、どのような人材が必要だと考えているのでしょうか?

 

「インフラ整備(再整備含む)にはどのような人材が欠かせないと思いますか?」と質問したところ、『経験のある技術者(エンジニア)(63.6%)』と回答した方が最も多く、次いで『経験・未経験問わず若い人材(25.1%)』『経験や年齢は問わない(9.6%)』と続きました。

 

経験のある技術者が求められている一方で、経験ではなく若手の人材も求められていることが明らかになりました。

建設業界では、「若者離れ」が業界の課題として挙げられています。

このことから、インフラ整備(再整備)においても経験ではなく若い人材が求められているのかもしれません。

 

◆これからの建設業界に期待していることとは…?

 

前述の調査で、建設業界で働く方が考える最も力をいれるべきインフラ整備(再整備)や、それに伴いどのような人材が求められているのかが明らかになりました。

 

では、建設業界で働いている方は、これからの建設業界に何を期待しているのでしょうか?

 

「これからの建設業界に期待していることを教えてください(複数回答可)」と質問したところ、『インフラの整備(再整備)(50.1%)』と回答した方が最も多く、次いで『公共事業の活発化(39.8%)』『建設業界のICT化(33.3%)』『AIなどの活用による人手不足の解決(22.9%)』『テレワークなどの働き方の変化(13.9%)』と続きました。

 

インフラ整備(再整備)や公共事業の活発化は、景気の刺激策だという意見も寄せられていました。

そのような理由から、期待している方が多いのかもしれません。

 

■建設業界のこれからに期待している理由は?

・公共事業ならば貢献しやすくやりがいがある(20代/女性/埼玉県)

・全国各地でインフラが老朽化しており、更新の必要が生まれているため(30代/男性/兵庫県)

・インフラ再整備は将来の世代に対しても恩恵が残るものだから(40代/男性/茨城県)

・便利な世の中になっても誰かが頑張らないと日本の国土と便利さは維持できないから(50代/男性/千葉県)

 

◆あなたの会社で力を入れている公共事業は?

 

公共事業は生活のためにも、景気を刺激するためにも欠かすことができません。

最後に、建設業界で働く方の会社では、どのような公共事業に力をいれているのか聞いてみました。

 

■私の会社が力をいれている公共事業はコレ!

・老朽化した建物の耐震工事(30代/女性/大阪府)

・リニア新幹線の早期工事の後押し(40代/男性/山梨県)

・古くなった首都高の改修事業(50代/男性/東京都)

・東京メトロ関連工事(50代/男性/東京都)

・下水道老朽化の復旧(50代/男性/東京都)

 

などの回答が寄せられました。

 

【まとめ】これからの建設業界に期待していることはインフラ整備(再整備)

今回の調査で、これからの建設業界に期待していることやインフラ整備(再整備)に関する考えが明らかになりました。

 

7割以上の方が、建設業界は景気を牽引する仕事だと回答したように、新型コロナウイルスによって落ち込んだ景気を回復するには、建設業界の存在が鍵となってくるのかもしれません。

 

また、建設業界が最も力を入れるべきインフラの整備として「老朽化した東京の下水道の整備」や「リニア中央新幹線の開通工事」が挙げられ、今後の建設業界に期待ができる結果となりました。

 

これからの建設業界に、「インフラ整備(再整備)」や「公共事業の活発化」といった期待を持っている方が多いように、今後も建設業界はますます発展していくことが考えられます。

【メディア掲載】各種メディアに弊社調査記事 「一度建設業界から離れた人が、建設業界に戻ってきた理由とは?」の調査記事が各種メディアに取り上げられました。

弊社がリリースした「一度建設業界から離れた人が、建設業界に戻ってきた理由とは?」の調査記事が各種メディアに取り上げられました。

※掲載が終了している場合もございますので、ご了承ください。

 

 

朝日新聞デジタル&M

 

https://www.asahi.com/and_M/pressrelease/pre_15613702/

 

読売新聞オンライン

 

https://yab.yomiuri.co.jp/adv/feature/release/detail/00000000

9000048195.html

東洋経済オンライン

 

http://toyokeizai.net/ud/pressrelease/5f4f20867765613f035f0

000

産経ニュース

 

https://www.sankei.com/economy/news/200902/prl20090202

80-n1.html

 

 

この他にも、数多くのメディアに掲載されております。

※記事元(PR TIMES)はこちらになりますので、ぜひご覧ください。

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000009.000048195.html

 

【建設業界の魅力を発見!】一度建設業界から離れた人が、建設業界に戻ってきた理由とは?

当社では、建設業界に3年以上従事する方と元建設業界従事者を対象に「建設業界に期待すること」に関する調査を実施しました。

 

  • 建設業界にカムバックしてきた方は〇割!?戻ってきて良かったこととは?

 

「建設業界から一度離れたことはありますか?」と質問したところ、4割以上の方が『はい(43.5%)』と回答しました。

 

▼年代別の内訳

20代…はい(72.7%)/いいえ(27.3%)

30代…はい(49.4%)/いいえ(50.6%)

40代…はい(40.5%)/いいえ(59.5%)

50代…はい(39.0%)/いいえ(61.0%)

 

年代別の内訳で見ると、建設業界から一度離れたことがある方は20代が一番多いことが分かりました。比較的若い年代の方が、カムバックする傾向にあるのかもしれません。

 

では、一度建設業界から離れて、カムバックした理由は何なのでしょうか?

 

■建設業界に戻ってきた理由とは?

・自分の実力が発揮できる(30代/男性/愛知県)

・経験を生かしたかった(50代/男性/熊本県)

・資格などが評価されて、また必要とされたから(50代/男性/兵庫県)

・希望の職種で募集していたから(50代/女性/愛知県)

 

建設業界で培った技術や知識を生かすために、再度戻ってくるという方が多いようです。

 

では、4割以上の方が建設業界に戻ってきたことがあると分かりましたが、どのような理由から一度建設業界を離れたのでしょうか?

 

「建設業界を一度離れた理由は何ですか?」と質問したところ、『他の業界も経験してみたかったため(29.6%)』と回答した方が最も多く、次いで『自分がやりたい分野に携われなかったため(20.6%)』『待遇が悪かったため(15.6%)』『研修制度が整っていなかったため(11.9%)』『重労働が辛かったため(11.6%)』『大きなプロジェクトに携われなかったから(2.1%)』と続きました。

 

▼年代別で多かった回答

20代…自分がやりたい分野に携われなかったため(29.2%)

30代…他の業界も経験してみたかったため(31.0%)

​40代…他の業界も経験してみたかったため(29.8%)

​50代…他の業界も経験してみたかったため(32.9)

 

先ほどの調査で、建設業界から一度離れたことがある方は20代が多かったことから、若いうちから希望の分野に携われなかったことで、離れた方が多いのかもしれません。

 

一方で、30代以降の方々は、自分が希望している分野などある程度建設業界での仕事を経験したことで、他業界で自身の経験や知識を活かしていきたいと思い、一度離れたことが考えられます。

 

  • 建設業に戻りたくなる理由とは?

様々な理由から建設業界を離れる方がいることが分かりましたが、建設業界に再度戻ってきてどのようなところに良さを感じたのでしょうか?

 

「建設業界に戻ってきて良かったと感じることは何ですか?(複数回答可)」と質問したところ、『経験や知識を活かせた(41.5%)』と回答した方が最も多く、次いで『待遇が良くなった(29.4%)』『違う業界で働くよりもやりがいを感じられた(15.9%)』『キャリアビジョンが描きやすい(14.2%)』『安定している(13.7%)』『建設業界の需要が高まっていた(11.9%)』と続きました。

 

持っている技術や経験を活かせるので、一から建設業界の知識を習得する必要がないことや、経験者ということで前職よりも待遇が良いといったことがあるのでしょう。

 

では、建設業界に戻ってくる際はどのようなことを重視していたのでしょうか?

 

そこで、「建設業に戻ってくる際に重視したことは何ですか?(上位3つ)」と質問したところ、『待遇の良さ(73.9%)』と回答した方が最も多く、次いで『自分がやりたいこととマッチしているか(66.8%)』『働きながら新たな知識や技術を学ぶことができる(60.7%)』『最先端技術を学べることができるか(43.8%)』『ジョブローテーションができるか(28.4%)』『大きな案件に携われるかどうか(18.7%)』と続きました。

 

技術や経験があるからこそ、待遇を気にしているのかもしれません。

また、さらに高みを目指すためにも、新たな知識や最先端技術を学べるかどうかも、建設業界に戻る上で重視しているようです。

 

先ほどの調査で、建設業界に戻ってきた方はどのようなところに良さを感じているのかが分かりました。

では、今後もし建設業界を離れることがあった場合、再度戻ってくると考えている方はどのくらいいるのでしょうか?

 

「今後の経済や働き方を見て、建設業界から一度離れたとしてもまた戻ることはありますか?」と質問したところ、9割以上が『戻る(19.8%)』『条件次第で戻る(70.7%)』と回答しました。

 

  • 建設業界から離れても、再度戻ってくると思う理由は?

・面白い業界だと思うから(30代/女性/長野県)

・慣れているから(40代/女性/福岡県)

・不況に強いから(40代/男性/北海道)

・技術と経験を活かしたいから(50代/男性/神奈川県)

 

一度働いたことがある業界であれば、転職する際も有利だと思います。

また、不況に左右されづらいという理由から、離れたとしても戻ってくると考えている方が多いのでしょう。

 

  • 実は、建設業は最先端技術に触れる機会が多い!?

建設業界では、人手不足が叫ばれていることもあり、最先端技術を取り入れることで業務効率化を図っています。そのような背景もあり、建設業界は最先端技術に触れる機会が多いと思いますが、実際はどうなのでしょうか?

 

そこで、「建設業は最先端技術(AIやAR)に触れる機会が多いと思いますか?」と質問したところ、4割近くの方が『はい(37.7%)』と回答しました。

 

その理由を聞いたところ、『常に進化を遂げているため(31.3%)』と回答した方が最も多く、次いで『危険な仕事だからこそ技術が必要であるため(23.8%)』『人手不足が深刻であるため(17.7%)』『環境問題にも力を入れているため(15.8%)』『建設業界でもICT化が進んでいるため(6.7%)』『AIの参入(4.6%)』と続きました。

 

深刻な人手不足だけでなく、技術革新や危険も伴う仕事だからこそ最先端技術が必要なようです。最先端技術に触れることができるというのも、建設業界の魅力の一つですね。

 

ここまでの調査で、建設業界の魅力について多くのことを知ることができましたが、建設業界でやりがいに感じていることは何なのでしょうか?

 

■建設業界のやりがいに関して詳しく聞いてみました!

・自分の仕事の成果が形として残っていく(30代/男性/愛知県)

・大きなプロジェクトに携われる(40代/男性/千葉県)

・専門の知識を生かしながら他人の夢のお手伝いができる(40代/女性/岡山県)

・お客様の喜びを見るときに嬉しい気持ちになる。 商業施設の時は利用しに行くと充実感ある(40代/男性/愛知県)

・知識も技術も自分次第で大いに発揮できる職場(50代/男性/香川県)

 

街中の至る所に自分の仕事の成果として残すことができるので、大きなやりがいを感じるのでしょう。私たちが住んでいる家も、会社も、商業施設も全て建設業界の方々のおかげで成り立っていると考えると素敵ですよね。

 

建設業界には多くの魅力ややりがいを感じられることから、カムバックする方も多いのかもしれません。

 

今回の調査で、他業界から建設業界へ再就職したことがある方は4割以上いることが分かりました。建設業界に戻ってきた理由として「自分の実力を発揮できる」「経験を活かせる」といった意見があり、建設業界には多くの魅力があるようです。

 

せっかく建設業界で働いているのであれば、最先端技術の習得や知識、技術を学び、プロフェッショナルとして活躍していきたいですよね。

 

建設業界で転職やキャリアアップを目指している方は、充実している研修制度で働きながら最先端技術や新しい知識を身に付けることができるようなところが良いでしょう。

CAD講習のお知らせ【コロナ対策完備】:名古屋11/21、23 大阪11/22、28

<参加費無料!>名古屋・大阪にて、CAD講習会を開催致します。

なお、感染症対策により着席数を減らし、密にならないように実施致します。

参加者の皆さまには、マスク着用・こまめな手指消毒にご協力お願い致します。

 

<建設エンジニアのためのスキルアップ講習 AutoCAD入門編>
AutoCADの基本操作から作図演習まで無理なく修得できます。

名古屋本社 11月23日(月)10:00~17:00

大阪支店 11月28日(日)10:00~17:00

 

<Revitの基本講座!設計・CAD・建設エンジニア向け◆キャリアチェンジ>

~BIM初心者にもソフト経験者にも役立つ!モデル演習~
ソフトスキルがなくても理解できる内容です。

大阪支店 11月22日(日)10:00~17:00

 

<ArchiCAD・Revitの基本講座!設計・CAD・建設エンジニア向け◆キャリアチェンジ>
~BIM初心者にもソフト経験者にも役立つ!モデル演習~
RevitやArchiCADなどのソフトスキルがなくても理解できる内容です。
設計・施工の各ステージで次世代の主流となるBIM技術の講習を
継続して実施しております。

名古屋本社 11月21日(土)10:00~17:00

 

<申し込み方法>

 

お電話またはメールにてお申込みください。

いずれの会場も定員は若干名ですので、お早めにどうぞ!

 

0120-314-881

saiyo@jag-fld.com

エン転職にて各種施工管理(未経験)募集中!

プロジェクト管理サポート│入社研修はマナーから★2年目平均月収30万~★3年連続従業員満足度No.1

ビル・マンション・住宅などの建設現場で、現場監督のポジションである「施工管理」のサポート役として、工事の進捗確認や図面のチェックなどをお任せします。基礎から学べる研修があるので、未経験の方もご安心ください。

詳細は求人情報サイト・en転職の求人記事に記載しております。
直接お電話での応募も可能です⇒0120-314-881